トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


蔵のあるその土地の米と水で醸してこそ真の地酒。大分の穀倉地帯緒方にあって、自分たちで作った米で酒を造る。私たちはそれを実践して参ります。


 2013年10月31日
最後の品種、大分三井の稲刈りでした。これで全てが終了しました。
この米も残念ながらウンカにやられました。しかし全滅ではないのでご心配なく。
大分三井という米は宇佐で復活した米です。2年目となりますが、昨年は熊本酵母と香り系酵母で表現し大変好評でしたので、ご期待に応えて今年は1本増やします。

とにかく今年の稲刈りはウンカと台風雨にやられましたが、長い人生いろんな事があって当たり前ですよね。めげずに頑張りましょう!!
稲刈りスタッフの皆さん大変お疲れ様でした。さあこれからいよいよ酒造りです!!
復活米大分三井です。この田んぼは良く出来ています。
もう一枚の田んぼがウンカにかなりやられました。
さあ最後の稲刈りです。宜しくお願いします! 稲刈りが全て終了しました。
オペレーターの勇君、高山さん大変お疲れ様でした。

 2013年10月22日
山田錦の稲刈りが始まりました。残念な事に大事な大事な山田錦もウンカにやられました。全滅ではありませんのでご心配いりませんが、収量がかなり少なくなるのは間違いありません。
とにかく台風による長雨とこのウンカに今年は振り回されました。
また明日から雨で水を差されますが、自然との共存ですから仕方ないですね。
頑張りましょう!!
山田錦の田んぼです。
色が変わったところがウンカにやられた所です。
ウンカにやられてない所は大変良く出来ています。 倒れた稲を刈り取るのは大変な作業です。
勇君宜しくお願いします。

 2013年10月3日
日本晴の稲刈りが始まりました。
この米はかなりおいしかったんでしょう!?結構虫にやられました。
ウンカという虫ですが、この虫が稲の茎に付くと段々と色が変わって行き枯れたようになります。稲の養分を吸い取っていくらしいのですが、かなりたちの悪い虫です。
しかし一部分ですのでかなりの米はしっかりと出来ています。
特別純米と特別本醸造の掛米になる米です。
良く出来ていますが手前の色が変わった所が虫にやられた所です。 台風23号が接近してるので急いで刈ります。2日間でバタバタ済ませます。 日よけパラソルが粋でしょう!

 2013年10月1日
若水の稲刈りが始まりました。
無農薬栽培の為、少し虫にやられましたが良く出来ています。
若水純米吟醸になる米です。
きれいに黄色く色づきました。 さあ、スタートしました。
手前の少し寝ている所が虫にやられた所です。

 2013年9月24日
「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、今年はまだまだ厳しい暑さが続いています。その今年の暑さ耐えた稲のトップをきって、五百万石の稲刈りとなりました。
かなりすずめに差し上げましたが倒れずに良く出来ました。
ここ近年高温障害で米が硬い傾向にありますが、さて今年はどうなんでしょうか?
さあ、これから稲刈りが次々と始まります。
実った五百万石の稲です。 コンバインオペレーターは勇くんです。
がんばって!!
さあ、いざスタートです!

 2013年8月30日
大分三井の穂が出ました!

これで全ての穂が出揃いました。

 2013年8月27日
山田錦の穂が出ました!

 2013年8月13日
日本晴の穂が出ました!

 2013年8月11日
若水の穂が出ました!

 2013年8月6日
五百万石の穂が出ました!

 2013年6月20日
最後の品種「ヒノヒカリ」です。主に飯米として植えますが、掛米にも使う米です。
田植え前のヒノヒカリ 雨の多い田植えでしたが、みんな良く頑張りました。これで全ての田植えが終了しました。お疲れ様でした!!

 2013年6月18日
大分三井の田植えとなりました。宇佐の小松君から分けてもらって二年目となります。
今年、三井で造った酒は大変好評で今年も気合を入れて造ります。田植えも自然とみんな気合が入っていました。
田植え前の大分三井 日差しの照りつける暑い一日でした。

 2013年6月14日
酒米の王様「山田錦」の田植えとなりました。
苗からして少し丈が長い為、植えるのに結構手こずった様です。
田植え前の山田錦。 また雨の中の田植えとなりました。 真っ直ぐ立っています。

 2013年6月12日
三番手は日本晴です。特別純米酒の掛米に使います。
段々とみんな疲れが溜まってきましたが頑張りましょう!!
田植え前の日本晴。 久しぶりに晴れとなりました。気持ちの良いスタートとなりました。 ほぼ真っすぐ植わってますね。

 2013年6月11日
二番手は若水です。この品種も早生で少し早めの刈り取りとなります。
ブルーラベルの純米吟醸の掛米に使います。
田植え前の若水です。 スタートしました。オペレーターは高弘君です。
今日も雨でした。
きれいに植わってますか?

 2013年6月10日
田植えが始まりました。予定より少し遅れましたが順調に成長しました。トップバッターは五百万石です。早生品種で一番早く刈取りになります。
雨の中の田植えとなりましたが、何とか一日で終わらせることができました。
成長した田植え前の五百万石の苗です。 田植え始まりました!!
オペレーターは高山です。
順調に進んで行っています。

 2013年5月28日
荒代掻きが始まりました。田んぼに水を入れトラクターでかき混ぜて行きます。
あと二週間もすると田植えが始まります。
全面に水が行き渡りました。

 2013年5月27日
苗の緑が濃くなってきました。
順調に育っています。
若水の苗です。3枚葉が大きく開きました。
山田錦の苗も順調に育っています。1.5葉期です。 こちらの田んぼの苗も緑が濃くなってきました。

 2013年5月16日
最初の分のシルバーシートをとりました。元気のいい芽がしっかり出ていました。
水を入れ始めました。 残りの分の苗箱の床並べをしました。
山田錦、大分三井、ヒノヒカリ合わせて900枚並べました。暑い中大変な作業でした。みなさんお疲れ様でした。
全体に水が行き渡っています。 ツンツンと元気のいい芽が出ました。

 2013年5月10日
田んぼに苗箱を並べました。
雨がぱらつく中でしたが、何とか夕方までに終わらせることが出来ました。
お疲れ様でした。
苗床に並べて行きます。 一列並べ終わりました。 白いシートをかぶせます。
シルバーシートをかぶせて完成です。 650枚全て並べてしまいました。みんなお疲れ様でした。

 2013年5月9日
種まきをしました。全部で650枚作りますが、ほとんど手作業で行います。
一日がかりで頑張りました!!
まず土を入れます。 手回しの機械の中を通すと種が2、3粒入ります。 それに土を入れて終了です。

 2013年5月7日
芽が出ました!! 

まずは一安心です。


 2013年5月2日
種籾を発芽させる為の準備をしました。
早生品種と晩生とで2回に分けて作業を行いますが、まずは五百万石、若水、日本晴の種籾の処理をしました。
塩水選です。塩水の中に種籾つけ浮いてくる種籾を捨てます。沈んだ種籾だけを使います。 塩水選が終わったらすぐに大量の水で洗います。 次は殺菌です。消毒液を使わず60度のお湯で殺菌します。酒造りの釜を利用します。
大きい釜が役立ちます。 最後に水に浸けて終了です。これから4、5日水をかけ流しながらこの状態を保ちます。

 2013年4月1日
仕込みが終わったと同時に米作りの準備、田んぼでの仕事が始まりました。
酒造りに入る前に田んぼに糠を入れ一回起こしていました。
今日からまた一通りトラクターで田起こしします。
一気に暖かくなったので草も生えてきました。外はポカポカ陽気。
今度は情熱を田んぼに切り替えて、こだわりの米作りが始まります。
トラクターオペレーター勇君。宜しくお願いします。 田起こしがスタートしました。 トラクターで起こした所と起こしてない所の対比。





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved