トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


蔵のあるその土地の米と水で醸してこそ真の地酒。大分の穀倉地帯緒方にあって、自分たちで作った米で酒を造る。私たちはそれを実践して参ります。


 2012年10月25日
最後の品種、大分三井の稲刈りが始まりました。
この米は、大分県宇佐市の小松酒造さんが、昭和40年頃姿を消した米を一握りの種籾から復活させた情熱米です。
その大分三井の種籾を小松君から譲り受け、今回初めて栽培しました。
背丈は山田錦並みにあり、大粒ではありますが穂先が短い為、今回の台風にも何とか耐えてくれました。とにかく良く出来ています。
小松君の熱い思いで復活した米なので責任重大でしたが、この日を迎えられてホッとしています。
一方、蔵では大掃除が続いています。
今年もいい米が収穫できたので、気持ちも一段と引き締まります。
あと少しで酒造りが始まります。
大分三井の稲姿です。良く実っています。 さあ、最後の稲刈りスタートです。
これで全ての稲刈りが終了しました。
オペレーターの勇君、高山さん大変お疲れ様でした。
緒方平野はほぼ稲刈りが終了したみたいです。丁寧にわらを結んで立てているところもあります。

 2012年10月16日
酒米の王様、山田錦の稲刈りが始まりました。
台風の影響で少しなびいていますが、べた寝ではないので大丈夫そうです。
この米は、山田錦純米吟醸や麹米に使います。
最近、軟らかいはずの山田錦も少し硬めの傾向にありますが、はたして今年はどういう米でしょうか?今からワクワクします。
山田錦の稲刈りという事で、田染荘の津田さんが駆けつけてくれました。春、津田さんに植継ぎをしていただいた田んぼです。
津田さんバッチリ実りましたよ!!
心配しましたが良く出来ています。 さあ、稲刈りスタートです!!

 2012年10月3日
出張から帰るやいなや日本晴の稲刈りとなりました。中早生タイプの米です。
特別純米酒の掛米となる米です。台風にも耐えて良く出来ています。
オペレーターは今回も勇君です。がんばって!!
日本晴です。しっかり実が入って良く出来ています。 順調に刈り進んで行っています。 豊作です!!みごとに収穫されました。

 2012年9月24日
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通り、急に朝晩が寒くなりました。
あれだけ暑かった夏がうそのようです。
柿の実も色づき始め、周りも一気に秋めいてきました。
そんな中、ついにトップバッター五百万石の稲刈りとなりました。
この前の台風に何とか持ちこたえた五百万石です。
いざ収穫となるといろんな思いが交差します。
みんなが愛情込めて育てた稲です。
これから緒方平野は実りの秋を迎えます。
今田んぼの周りには彼岸花が満開です。 ついに収穫を迎えました。
刈り取り前の五百万石です。
オペレーターは勇君です。
宜しくお願いします!!
稲刈りがスタートしました。 夕方にはきれいに刈り取り終了しました。

 2012年9月18日
台風16号が上陸せずに通り過ぎて行きました。
15号の時は大した事はありませんでしたが、今度は少し悪さをして行きました。
それでもべったり稲は寝ることはなく、しっかり強い風と雨に耐えてくれました。
五百万石は心配しましたが、何とか持ちこたえてくれました。
稲刈りはもうすぐです。
心配した五百万石でしたが頑張ってくれました。 山田錦も何とか持ちこたえてくれています。他の米より頭ひとつ飛び出ている為心配しましたが、今はほっとしています。
大分三井は大丈夫でした。
頑張ってくれました。
日本晴も大丈夫でした。
だいぶ色付いてきました。

 2012年9月1日
今日から9月です。朝晩がいくらか涼しくなりました。
早生の五百万石は順調に行けば、今月20日頃稲刈りとなりそうです。

大分三井に待望の穂が出ました。これで全ての穂が出揃いました。

 2012年8月28日
台風15号が九州の左側を北上していきましたが、
上陸する事なく無事通り過ぎていきました。
雨は多少降りましたが大した事はありませんでした。ほっと一安心です。
しかしこれからが台風シーズン、台風の通り道九州です。上陸しないことを祈ります。
山田錦の穂が出ました!!
五百万石が徐々に黄色く色付いてきました。 五百万石の稲穂が頭を垂れてきました。

 2012年8月22日
ヒノヒカリの穂が出ました!!

 2012年8月13日
日本晴の穂が出ました!!

 2012年8月11日
50日目のヒノヒカリ
 葉先まで70cm  茎数33
きれいな緑色です。

 2012年8月8日
50日目の山田錦
 
葉先まで70cm  茎数32

 2012年8月5日
50日目の大分三井
 
葉先まで70cm  茎数34

 2012年8月4日
50日目の日本晴
 
葉先まで70cm  茎数35

 2012年8月3日
すずめを寄せつけなくする為に、五百万石の田んぼの周りに、キラキラテープを張り巡らせました。

 2012年8月1日
40日目のヒノヒカリ
 
葉先まで58cm  茎数28

 2012年7月31日
五百万石の穂が出ました!!

 2012年7月28日
40日目の山田錦
 
葉先まで61cm  茎数29

 2012年7月25日
40日目の大分三井

葉先まで60cm  茎数30

 2012年7月24日
50日目の五百万石
葉先まで63cm  茎数30
40日目の日本晴
葉先まで60cm  茎数30

 2012年7月23日
長かった、そしてとんでもない大雨をもたらした梅雨が明けました。
カラッとした夏空がやってきました。しかし一転30度を超す猛暑日となりました。
ジメジメはいやですが、暑過ぎるのもたまりません。
そんな中、田んぼの中に入ってのヒエ採りが始まりました。
体にやさしい米作り、こだわりの酒造りの為に体をはって頑張ります!!
梅雨明後のきれいな青空です。田んぼに入ってヒエ採りです。 腰をかがめる為結構疲れます。 これがヒエです。稲の苗にそっくりです。今のうちに引き剥いておくと後が楽です。

 2012年7月21日
30日目のヒノヒカリ

葉先まで45cm  茎数22

 2012年7月18日
30日目の山田錦

葉先まで44cm  茎数25

 2012年7月15日
30日目の大分三井

葉先まで48cm  茎数28

 2012年7月14日
40日目の五百万石
葉先まで62cm  茎数28
30日目の日本晴
葉先まで50cm  茎数29

 2012年7月11日
20日目のヒノヒカリ

葉先まで40cm  茎数10

 2012年7月8日
20日目の山田錦

葉先まで42cm  茎数12

 2012年7月5日
20日目の大分三井

葉先まで42cm  茎数16

 2012年7月4日
30日目の五百万石
葉先まで58cm  茎数15
20日目の日本晴
葉先まで48cm  茎数14

 2012年7月3日
田植え後の草刈が始まりました。
田植え前に刈ってあるので約一ヵ月後の草刈です。
気温がぐっと上がってきたせいか草の伸びが速くなりました。
暑い中の作業で汗びっしょりになりますが、みんな気合を入れて頑張っています。
この草を刈っていきます。 きれいに刈り進んでいっています。

 2012年7月1日
10日目のヒノヒカリ
 
葉先まで29cm  茎数2

 2012年6月28日
10日目の山田錦

葉先まで31cm  茎数2

 2012年6月25日
10日目の大分三井
 
葉先まで32cm  茎数5

 2012年6月24日
20日目の五百万石
葉先まで35cm  茎数6
10日目の日本晴
葉先まで30cm  茎数4

 2012年6月22日
昨日、大雨の中全ての田植えが無事終了しました。
今回の田植えは途中、台風4号、5号が水を差した形になり、必ずしもベストコンディションではない状況で半ば強行的に行いました。
田植えはほとんど機械で植えますが、前後四隅と植え継ぎなどは人の手によって植えられます。やはり情熱と愛情がないと出来ない仕事です。秋の実りを思い浮かべながら、そして収穫した米での酒造りを思いながら、今年の情熱の田植えは終了です。みなさんお疲れ様でした。
翌日は台風一過スカッと晴れました。
みんなも全てが終了し晴れやかな笑顔です。大変お疲れ様でした!!

 2012年6月20日
またまた雨で1日田植えが延びました。山田錦2日目です。
今年も豊後高田の地酒専門店「田染荘」の津田さんが田植えの手伝いに駆けつけて下さいました。津田さんどうも有難うございました。
津田さん登場です!!
さすが津田さん田植えスタイル決まっています。
1人黙々と頑張っていただきました。
さすが手馴れたものです。
山田錦2.5反の広さの田んぼを津田さんと共に植え継ぎ終了しました。

 2012年6月18日
山田錦の田植となりました。土曜日からの予定でしたが雨の為2日延びました。
酒米の王様山田錦です。自然と心が躍ります。
完成した山田錦の苗です。 栽培面積を拡げた為、苗も結構な量です。地面から剥がすのも大変です。 雨の中の植え継ぎ作業。

 2012年6月15日
五百万石田植え後10日が過ぎました。
今の苗の様子。
 
葉先まで26cm。 茎数2本

 2012年6月15日
続きまして大分三井の田植えです。
宇佐の小松君が復活させた米です。種籾を譲り受けて今年初めて植えます。
この米は大正から昭和の初めにかけて植えられていた米で、育成されてから87年の歳月が経っています。神力という米を親に持ち、四国で有名な松山三井は子供にあたります。
それだけ歴史のあるすばらしい米です。苗の感じから米本来のパワーをすごく感じました。とても楽しみです。
完成した大分三井の苗です。 オペレーター高弘君順調のようです。

 2012年6月14日
後の分の田植えとなりました。トップバッターは日本晴です。
昨年から特別純米酒の掛米として使用しています。
飯米のヒノヒカリより少し早めの稲刈りとなります。
完成した日本晴の苗です。 オペレーター高山さん頑張って!! きれいに植わりました。

 2012年6月8日
大分県は今日から梅雨に入りました。朝からしとしとと雨が降っています。
残りの苗も最終段階を迎えました。あと一週間くらいで田植えです。
三枚葉が大きく開いています。 緑がきれいです。水位をぐっと落とします。

 2012年6月4日
トップバッター五百万石の田植えとなりました。4.5葉の立派な苗に育ちました。 床から苗を剥ぎ取って行きます。根がしっかりと地中まで張っている為結構手ごたえあるんです。 オペレーター高弘君スタートです。
滑り出しは順調のようです。 しっかり立っていますね。 無事一つの田んぼが終了しました。

 2012年6月1日
五百万石の植代掻きが始まりました。
トラクターで田んぼの土を更に細かくしドロドロにします。
2、3日して濁りが引いたら田植えです。
まだタイヤの跡ががついているのでまだ土が練れていません。
もう一回りします。

 2012年5月30日
五百万石、3.5葉期です。順調に育っています。濃い緑から微かに黄緑色に変化してきました。田植えが近くなりました。 緑色がきれいです。

 2012年5月26日
後の分のシートをはいで4日目の山田錦。
1.5葉期です。

 2012年5月24日
荒代掻きが始まりました。
水を勢い良く入れていきます。
いざスタートです。
バシャバシャと勢い良くロータリーが回ります。 数時間後田んぼが湖の様になりました。

 2012年5月22日
後の分のシルバーシートを取りました。今度は少し早い気がしましたが一気に取っちゃいました。
うっすら黄緑色です。
つんつんと、とんがった芽がしっかり出ています。 面積が広い為勢い良く水を入れ始めました。

 2012年5月18日
920枚を1日で終わらせる為、朝早くから床並べをしました。
ずっと天気が続いて地面が乾いていたので水で湿らす作業に時間がかかりました。五百万石で経験している為手際よく夕方には全て終了しました。
床が乾いている為シャワーで十分湿らします。 1列目スタートです。 白いシートをかけました。
1列目終了です。 4列目の苗箱全て置き終わりました。 ひごを入れていきます。
4列全て完成しました。 暑い中お疲れ様でした。

 2012年5月17日
二日間かけて山田錦、日本晴、ヒノヒカリ、大分三井の種まきをしました。
920枚無事終了しました。
要領を覚えたせいで手際よくスムーズに流れていきました。 2日間でトラック2台分出来上がりました。

 2012年5月17日
五百万石のシートを取ってから4日目。成長が早いようです。1.5葉期です。 苗の色も日に日に濃くなっています。

 2012年5月13日
五百万石のシルバーシートを取りました。順調に芽が出ていました。全体的に薄っすら緑色です。 針の先の様に真っ直ぐ芽が出ています。 すぐに水を入れ始めました。

 2012年5月10日
後の分の山田錦、日本晴、ヒノヒカリ、そして今年初めて植える大分三井の芽出しの準備をしました。
大分三井は宇佐の「豊潤」小松君から分けてもらいました。
残り4ha分の種籾だったので結構量があり大変でした。
塩水選後水洗いしまず50度の湯で慣らします。 60度の湯に漬けます。出したり入れたりを繰り返します。
残り6分じっと待ちます。 お湯から出して急冷です。あとは芽出し機に入れて終了です。

 2012年5月10日
蔵の前の水路に水が満々と流れ始めました。緒方町は水枯れのない土地で、どんなに日照りが続いてもこの水量はいつでも確保されています。この水路を造った先人に感謝です。 少し散り始めましたが水路脇の見事なつるバラです。

 2012年5月9日
床並べをしました。
色が変わっているところに並べていきます。
順調に進んでいっています。 一列目並べ終わりました。きれいに真っすぐいきました。
白いシートを上からかけます。 シルバーシートをかけたら終了です。
1列出来上がりました。
暑い日差しの中、360枚無事並べてしまいました。
お疲れ様でした。

 2012年5月8日
種まきと床並べをしました。普通一般の箱苗と違って、みのる式のポット苗箱です。
植木鉢状の小さな穴が無数あいています。 まず土を入れます。 手回しの機械に通し穴に種籾を入れていきます。
しっかり2,3粒入っています。 土をかぶせて終了です。 360枚出来上がりました。
4人で頑張りました。お疲れ様でした!!

 2012年5月7日
芽が出ました!!

 2012年5月2日
早生品種「五百万石」の種籾の芽出しの準備をしました。
できるだけ薬を使わないという事で、種籾の消毒も60度のお湯で殺菌しています。米を蒸す大きな釜がある為、殺菌はその釜の湯の中に入れます。いろいろと手間がかかりますが、いかに手をかけるという事が良い米作りへとつながって行きます。全てに手を抜かず愛情を注いでこだわりの米を作ります。
まずは塩水選です。浮いた種籾は捨てます。
下に沈んだ良質の種籾のみを使います。
次に良く水洗いして60度の湯につける前に50度の湯で慣らします。種籾の品温を均一に60度にする為です。 60度の釜の湯に10分間つけます。
揺さぶったり、たまに出したりして早く品温を60度にします。
じっと我慢です。 10分経ったら湯から上げ水道水で急冷します。 そして最後に芽出し機に入れ4,5日水につけておきます。

 2012年4月2日
仕込みが終了すると今度は田んぼでの仕事です。
さっそく今年の米作りが始まりました。
秋に糠を入れて一回起こしていましたが、もう一回春の田起こしです。
息抜く間もなく今度は田んぼが忙しくなりますが、一貫してのこだわりの酒造りの為頑張ります。
まずは田起こし、勇くん頑張ってね!!
春ですね。気温が上がり草も上がってきました。 トラクター専属オペレーター勇くん、宜しくお願いします。
さあ始まりました。 調子よく進んでいっています。





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved