トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


蔵のあるその土地の米と水で醸してこそ真の地酒。大分の穀倉地帯緒方にあって、自分たちで作った米で酒を造る。私たちはそれを実践して参ります。


 2010年10月28日
稲刈りが終了しました。
雨で足踏み状態でしたが、地面の悪い中強行的に最後の品種レイホウの稲刈りを全て終わらせました。
新型コンバインのおかげで難なく無事稲刈りを終了する事が出来ました。
今年は台風の到来はなかったものの、いまだかつてない猛暑に見舞われ、その暑い中、稲達は成長しました。確かに出来は最高とまではいかないでしょうが春から秋まで、雨の日も風の日も田んぼに入り愛情たっぷり育てた米です。自分達にとっては最高の米が収穫出来ました。
農薬、除草剤を使わないと宣言しての米作りでしたが、何とか妥協せず貫く事が出来ました。こだわりの米、緒方情熱米が出来上がりました。
良く実ったレイホウ オペレーター遠島。ビシッと頼むぜ!
無事刈り終えてイエーイ! 3人で頑張りました。お疲れ様でした。

 2010年10月14日
山田錦の稲刈りをしました。
穂長の山田錦ですが台風の到来が無かった為この時期まで真っすぐ持ちこたえました。とにかく良く出来ています。
若水を刈ってからこの日まで時間が少しあったから良かったのですが、コンバインが故障してしまい、急遽コンバインを新しく購入するはめになりました。まだまだ頑張ってもらうつもりでしたが仕方ないです。新型なので20年使うつもりで頑張ってもらいます。
新コンバインのおかげでトラブルもなく1日で山田錦が終了しました。
良く実った山田錦 新型コンバイン登場です。20年頑張ってもらいます。
オペレーター高山、順調に刈っています。乗り心地も良さそうです。 コンバイン袋が要らなくなりました。
コンバインについた煙突のようなところから刈り取った籾が一気に出ます。このような大きな袋に一度に入れます。
楽になりました。

 2010年9月29日
いよいよトップバッター「若水」の稲刈りです。
このところ雨が降ったり止んだりの状態だったので、貴重な晴れ間をねらって1日遅れの稲刈りとなりました。
おかげ様で今年の夏の猛暑にも耐え、害虫の被害もなく、最高の出来となりました。
「無農薬での米作り」を目標にスタートした今年の米作り、悪戦苦闘の連続でしたが、なんとか完全無農薬でこの日を迎えることが出来ました。
情熱と愛情による米作り、まずは無農薬米「若水」収穫しました!!
良く実った「若水」。いよいよ収穫です。 コンバインが入る前にまず四隅をクロ刈りです。 稲刈りいざスタート!!
オペレーター高山、順調に刈り進んでいます。 最高の出来です。ずっしり重いコンバイン袋をかついで頑張りました。

 2010年9月24日
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、その言葉通り、あんなに日中暑かったのに、一気に秋がやってきました。つい2、3日前の30度を越す猛暑がうそのようです。
稲は穂が出てからは、昼と夜の寒暖差があった方がいいと言います。なかなか夜涼しくなりませんでしたが、これからに期待しましょう。
柔らかな日差しと秋風にあたりながら、稲は日に日に黄色く色付いていきます。稲刈りはもうすぐです。
左「若水」、右「ひのひかり」、
色の違い判ります?
ずっしり重そうに垂れています。
ほとんど黄色く色付いています。
あと数日で稲刈りです。

 2010年9月10日
日中はまだまだ暑さが続いていますが、朝晩はやっと涼しくなってきました。
田んぼでは無農薬栽培の為、ヒエがところどころ目だってきました。
稲に似た草で、実をつけた頃いつの間にかすっーと現れてきます。
早い内に処理しないと種が落ち、来年の田んぼはヒエだらけになります。
暑い中田んぼに入りヒエ取りです。
田んぼの中にすーっと現れてきます。飛び出ている草がヒエです。稲に似ています。 ヒエ取り3人衆、暑い中頑張っています。

 2010年9月7日
山田錦の穂が垂れてきました。だんだん実が入ってきているという事です。
心配された台風も全く大した事無く、雨も少ししか降らずほっとしています。
山田錦の稲です。穂が垂れてきました。 山田錦は他の米と比べて、穂の部分が飛び出ています。

 2010年8月29日
レイホウの穂が出ました。

 2010年8月26日
山田錦の穂が出ました。

 2010年8月14日
若水の穂が出ました!!
昨年よりも5日程遅い田植えでしたが、穂が出るのはやはり同じ頃でした。
元気の良い穂が出てほっとしています。
若水の稲穂です。 すずめ避けの為に、キラキラ光るテープを田んぼの周りに張りました。若水は早生品種の為、真っ先にすずめの攻撃を受けます。これで完全とはいきませんが、まずは一安心です。

 2010年8月9日
50日目の若水。葉先まで85cm。茎数変わらず。 50日目の山田錦。葉先まで88cm。茎数変わらず。 50日目のレイホウ。葉先まで70cm。茎数変わらず。

 2010年8月7日
まだまだ猛暑が続いています。
夏の高校野球も始まり夏本番といったところです。
この暑さで田んぼの草も成長が早く、生い茂ってきました。
そういう事で、盆前の草刈が始まりました。
暑い中、頑張って草刈ります。

 2010年7月28日
梅雨明けからずっと猛暑が続いていましたが、暑さも一休みです。
40日目の稲達です。
40日目の若水。葉先まで69cm。茎数24本。 40日目の山田錦。葉先まで71cm。茎数22本。 40日目のレイホウ。葉先まで62cm。茎数28本。

 2010年7月19日
梅雨も明け暑い夏がやってきました。稲達もギラギラ太陽の日差しを浴び、ぐんぐん大きく育っています。
30日目の山田錦。葉先まで51cm。茎数19本。 30日目のレイホウ。葉先まで41cm。茎数21本。

 2010年7月17日
3回目の草取りが始まりました。恐らくこれが最後の草取りとなるでしょう。
今回の草取りは動力除草機を使わず、手押し除草機での草取りです。
大きい筋ではなく、小合いの草を取って歩きます。
大変な作業ですが、みんな気合で頑張っています。
ビッシリ草が生えていました。この草をみんなで取って歩きます。 手で押しながら田んぼを歩いて回ります。 さっそく草が浮いてきました。

 2010年7月16日
今日も雨ですが、明日から一週間ずっと晴れマークが出ていたのでそろそろ梅雨明けでしょう。
苗もどんどん成長していっているようです。
分けつも今が最盛期の様です。茎もどんどん太くなっています。
30日目の若水。葉先まで54cm。茎数20本。 苗間がどんどん狭くなっています。

 2010年7月9日
20日目の山田錦 葉先まで42cm 茎数15本 20日目のレイホウ 葉先まで37cm 茎数13本

 2010年7月8日
2回目の草取りが始まりました。1回目の除草である程度取れていますが小さな草がまたポツポツと生えてきています。とにかくしつこいヤツです。
暑い中大変な作業ですが、体に優しい米作りの為にこだわって頑張ります。
2回目の除草作業です。
遠島選手頑張って!!
あっという間に折り返して来ました。除草機はブンブンと暴れていきますが手馴れたものです。
こちらは手押し除草機。高山さんも手馴れたものです。簡単そうに見えますが、結構疲れます。 除草機で歩いて取れた草。どんどん浮いてきます。

 2010年7月7日
程々に雨が降り、気温も例年並みの安定した日々が続いています。苗も日に日に成長し、緑が濃くなっています。
葉の成長も早く、苗間が段々と狭くなっていっています。
田植えから20日目の若水の田んぼの様子 20日目の若水 葉先まで42cm 茎数16本

 2010年6月29日
10日目の山田錦 葉先まで30cm 茎数6本 10日目のレイホウ 葉先まで28cm 茎数5本

 2010年6月27日
田植えをしてから10日が過ぎました。
今までは、雑草対策に除草剤を使用していましたが、今年は薬を使わずに、動力除草機を使って頑張ろうと思います。どうなることやらわかりませんが、こだわりの米作りの為にとりあえず挑戦したいと思います。
10日後の若水。20cmにまで成長しています。 除草機スタート。泥を掻き揚げながら前へ進んでいきます。 バシャバシャと勢い良く回っています。
横の株間は手押し除草機で頑張ります。 草取り3人衆です。
雨の中頑張りました!

 2010年6月23日
最後の田植えです。ヒノヒカリを植えて終わりました。
雨続きで大変でしたが、何事もなく無事終了しました。
ご加勢いただきました皆様方、大変ありがとうございました。
山田錦の苗。すっと伸びています。 苗を作っていた場所です。
最後のヒノヒカリを植えて終了です。

 2010年6月19日
田植え3日目です。
山田錦の残りとレイホウを植えました。
昨年に続き笠木酒店の元気君が手伝いに来てくれました。
元気君どうもありがとうございました。苗運び疲れたでしょう?
大変お疲れ様でした。
大分市古国府の笠木酒店の元気君です。
雨の中頑張ってくれました。
家業の酒屋も板に付いたのでしょう。体もたくましく昨年よりもパワーアップしています。
田んぼのすぐ側に緒方駅があります。 植えている途中にちょうど、一時間に一本の列車が通りました。

 2010年6月17日
田植えとなりました。
葉っぱが4枚元気に開きました。
若水、山田錦、レイホウ、ヒノヒカリの順に植えていきます。
天気予報はずっと雨マークがついていますが、今日はラッキーなことに曇りで絶好の田植え日和となりました。
田染荘の津田さんも田植えの手伝いに駆けつけてくださり、頑張っていただきました。
津田さんどうもありがとうございました。大変お疲れ様でした。
若水の苗です。18cmにまで成長しました。 苗が田植え場所へと運ばれていきます。旅立ちの時です。
いざスタートです。トップバッター高山さんです。頑張ってください。 順調のようです。集中集中!
毎年手伝いに来てくれます。地酒専門店「田染荘」の津田さんです。慣れた手つきですばやく植えていきます。 ちょっと一休み。
田んぼの中は結構足にくるんです。
まずは一枚植え終わりました。
バッチリです!!

 2010年6月10日
水位を落しました。
山田錦の苗が葉先まで15cmに成長していました。
色も濃くなり、黄緑色から緑に変わってきました。
順調に成長しているようです。
箱の下まで水を落しました。 山田錦の苗15cmにまで成長しています。葉っぱが3枚元気良く開いています。 緑色がきれいです。

 2010年6月5日
荒代かきが始まりました。
田んぼに水を貯めトラクターでかき混ぜます。
トラクターでジャバジャバかき混ぜていきます。 2時間後終了しました。トラクターでかき混ぜたので茶色く濁っています。

 2010年6月3日
水を入れ始め4日が過ぎました。
苗も日に日に成長し1.5葉期になりました。
ここから2週間もすれば田植えです。
葉っぱが一つと半分開いています。
 1.5葉期です。
黄緑色がきれいです。

 2010年5月30日
覆いのシルバーを取りました。しっかり芽が出ていました。
今年は少し寒かったので2日長くかかりました。
元気のいい芽が出ていたので、とりあえずほっとしました。
シルバーシートを取りました。 針の先のように尖がった芽がニョキッと出ていました。 さっそく水を入れ始めました。

 2010年5月25日
残りのレイホウの種まき200枚をすませ、田んぼの苗床に並べていきました。前日の雨で地面がぬかるんでおりシルバーをはるのに一苦労でした。悪戦苦闘の末終わるのが夜になってしまいました。
一つ一つ並べていきます。 700枚全て並べ終えました。 シルバーをはって終了です。
終わったのが夜だったのでこれは翌日の写真です。

 2010年5月24日
種まき1日目。
500枚の苗箱に種をまきました。
一人戦力が増えたのでスムーズに流れていきました。
みのる式専用の穴があいた苗箱です。 まず土を入れます。
手動式の機械で種籾を入れていきます。手でぐるぐるっと回せばひとりでに種籾が入ります。 2,3粒づつきれいに入っています。 どんどん出来上がっています。

 2010年5月23日
水につけておいた種籾が芽を出しました!!
初めての温湯消毒でしたから心配でしたが、 2,3mmぐらいニョキッと出ています。
まずは一安心です。 明日から種まきです。

 2010年5月19日
米作りを始めて4年目になりますが、今回から少しずつ有機農法に切り替えて行こうと思います。
有機農業は、極力農薬を使わず、化学肥料に頼らず有機肥料による農業ですが、ある人との出会いから突然、有機農業に目覚めてしまいました。
しかも、私の住んでいる緒方町には西文正さんというぼかし肥料の名人がいらっしゃるのです。
サッカーで有名な中田英寿が、この緒方町の西さん宅を訪れ米の美味さに感動し、東京青山の店でこの米を使うようになったそうです。とにかく、今は有機の事で頭がいっぱいです。これから米作りもいろんな面でこだわって行きます。
有機元年。とにかく頑張ります!!
ぼかし肥料作りの名人、西 文正さん ぼかし肥料を作る現場。
ぬか、おから、魚粉などを混ぜ合わせて作ります。
西さんは島本の菌を使います。

 2010年5月17日
種籾の塩水選と温湯消毒をしました。
まず質の良い種籾を選別する為塩水につけます。
比重で浮いた種籾は不良の為捨てます。残った実の入った良質の種籾のみを使います。
次に種籾を消毒しますが、昨年までは薬品を使っていましたが今年からは温湯殺菌に切り替えました。
少し心配ですがなるべく変な薬は使いたくないので、いざ決行!!
塩水選。浮いた籾は捨てます。 温湯消毒。米を蒸す釜で湯を沸かし、60度に設定した後10分間つけます。
10分たったら湯から上げ、水道水で急冷です。 夕方、芽出し機の中に入れました。これから5日間くらいこの中に入れておきます。

 2010年5月2日
連休前に田起こしが始まりました。冬に一回起こすといいのですが酒造りの為しかたないですね。気温もグッと上がってきて、少し動いただけで汗ばむ気候となりました。
今年もまた酒造りの様に心を込めて酒米を作ります!!
今年もレンゲが咲いています。 白いレンゲを発見しました。 トラクターで田起こしが始まりました。ぽかぽか陽気の中、気持ちのいい一日でした。





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved