トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


蔵のあるその土地の米と水で醸してこそ真の地酒。大分の穀倉地帯緒方にあって、自分たちで作った米で酒を造る。私たちはそれを実践して参ります。


 2009年10月28日
籾摺り、乾燥が全て終わり、今日佐賀の精米所へ出発しました。
やはり一反あたりの収量は昨年より少し少なかったようですが、米の出来は上々だと思います。
高齢の五郡さんが、丁寧に乾燥、籾摺りをしてくれます。愛情込めて作った米です。最高の仕上がりに感謝です。
乾燥、籾摺りを終え米が出来上がりました。 12トントラックに積み込み、いざ出発です!!

 2009年10月25日
最後の品種「レイホウ」の稲刈りです。月曜日頃雨が降るというので23、24日の2日間で刈ってしまいます。周りの田んぼは、ほぼ稲刈りが終了しています。レイホウだけがぽつんと残っていました。
今年は全体的に収量がすくないそうです。実の付きが悪いということでしょうが、米の出来はまずまずです。しっかり最後まで立っていたし言うことないでしょう。さあ最後の稲刈り頑張りましょう!!
さあ!稲刈りスタートです。 オペレーターは高山です。今回も頑張ってくれました。 四隅は手刈りでザックリいきます。
コンバイン袋もみるみるたまり、あっという間にトラックいっぱいです。 刈り落とした稲ワラは白いビニールテープで包まれ、牛のエサになります。 すぐ処理せず昔ながらに立てる稲ワラもあります。立ててくびって歩くのが大変です。

 2009年10月16日
今日、バタバタ山田錦の稲刈りをしました。
台風の影響も受けず、すばらしい山田錦を収穫する事が出来ました。なんといっても酒米の王様「山田錦」思い入れが違います。
まずは無事、収穫出来た事に「ほっ!!」
山田錦の刈り取りが始まりました。田んぼの真ん中部分がかなりぬかるみ大変でした。 山田錦の田んぼの側にこんな川があります。晋ちゃん、塩月君また来年田植え宜しくね!

 2009年10月10日
台風18号関連の雨がずっと続き、稲刈り適期を迎えている稲も足踏み状態をくらっていた様です。
今日からやっとすっきり晴れて、緒方平野もぼちぼち稲刈りが始まった様です。
鷹来屋の稲は絶妙のタイミングで若水を刈った後は、残りは晩生品種と少し遅く植えたので、これからが稲刈り適期を迎えます。
台風が去った今、朝晩がぐっと冷え込む様になりました。一気に秋が来たようです。
周りの田んぼも稲刈りが始まりました。 雨の影響で寝てしまった稲。鷹来屋の田んぼではありませんが寝るという事は、他の田んぼの稲よりも実がよくついているという事です。今年は田んぼを干したい時に干せなかったので、寝てしまったという事も考えられます。
山田錦の稲。たぶん実の付きが少ないのでしょう?倒れずに良く出来ています。 山田錦の稲穂の拡大

 2009年9月25日
来週傘マークが出ていたので、今日、急遽稲刈りをしました。
まずトップバッターは早生品種の若水からです。
全部で8反近く植えていますが、今日明日で終わらせます。
長雨で米の出来が心配でしたが、かなり良い米が収穫できました。
日差しが照りつける暑い1日でしたが、無事半分終わることができました。
コンバインを入れる前にまず四隅をクロ狩りです。 さあスタートです!
オペレーターは高山です。
コンバインの調子も良く順調な滑り出しです。
段々と残り少なくなりました。トラブルもなく調子がいいです。 約3時間かけて3反無事終了しました! 高山さん、高弘君お疲れ様でした。

 2009年9月20日
今日から秋の彼岸です。彼岸の入りです。
昔から「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、昼間は日差しが心地よく、風は秋の風です。
朝晩はぐっと気温が下がるようになり、布団なしでは朝目が覚めるようになりました。
稲も緑から黄金色に色付き始め、本格的な秋の到来です。
今、田んぼの畦には彼岸花がいっぱいです。 黄金色に色付いた若水。
隣の稲と色の比較ができます。
稲刈りはもうすぐです。

 2009年8月27日
厳しい残暑が続いています。
お盆以降雨も降らず、日中は30度を超す暑い日が続いています。
しかしもう9月、さすがに朝晩は過ごし易くなり、秋の気配を感じるようになりました。
四季の移り変わりというものは何とも言えないいいものです。
山田錦の穂が出ました!! 若水の稲穂。
だんだん実が入ってきているのでしょう。
頭が垂れてきました。

 2009年8月14日
若水の穂が出ました!!今年も昨年と同時期でした。
気象条件が変わってもほぼ同じなんですね。
感動の時です。穂が出ました! 穂の拡大写真   稲の花です。

 2009年8月9日
まだまだすっきりしない天気が続いています。
このまま盆が来そうです。
盆になれば朝晩が涼しくなります。
寝苦しい熱帯夜がとうとうないまま夏が終わってしまうのでしょうか?
50日目の若水
葉先まで88cm
茎数変わらず
若水もう秒読みです。2、3日すれば穂が出そうです。 50日目の山田錦
葉先まで90cm
茎数変わらず

 2009年8月5日
大分は今日、梅雨明け宣言がでました。平年より17日、昨年より29日遅い梅雨明けとなりました。
今日梅雨明けといっても、ギラギラ太陽ジリジリ暑いという感じでは全くありませんでした。やはり今年は異常気象です。冷夏なのかな?
このまま行けば稲が心配です。暑いときには暑くないと。
そんな中、今日から田んぼの畦の草刈が始まりました。
夏の草刈は大変な作業ですが、たっぷり汗をかいて頑張ります。
通称「ぽんぽん草」がびっしり生えています。 稲と畦の間は慎重に。たまにジョリッと稲を刈ることもあります。 草刈が終わった畦。きれいになりました。

 2009年7月29日
うっとうしい日々が続きます。
梅雨明けはどうなっているのでしょうか?
そろそろ田んぼを干し始めなければならないのにいつまでたっても水が抜けません。
干さなければならない頃に水分が多いと分けつが進み過ぎます。
自然との闘い、毎年思うようにはいきません。
40日目の若水 
葉先まで68cm 茎数40本
水を抜いて地面を干しています。
40日目の山田錦
葉先まで72cm 茎数36本

 2009年7月19日
30日目の若水 
葉先まで53cm 茎数33本
30日目の山田錦
葉先まで56cm 茎数27本
苗の緑が濃く色付いてきました。
一番美しい時です。
苗と苗の間の隙間もわからなくなるくらい、葉っぱが広がってきました。
今、緒方平野は一面緑色です。

 2009年7月9日
20日目の若水 
葉先まで43cm 茎数16本
20日目の山田錦
葉先まで45cm 茎数13本

 2009年6月29日
田植えが終わって10日が過ぎました。
それぞれ苗も順調に成長しています。
雨が少なく田植えが延び延びになっているという話も聞きますが、緒方町は水枯れのない土地柄、水路にはいつも満々の水が流れております。とにかく水に感謝感謝です。
これから米作り日記では、酒造好適米である若水、山田錦にスポットをあて生育状況を報告していきます。
10日目の若水。分決が始まり茎数10本になっています。葉先まで25cmです。 10日目の山田錦。茎数6本、葉先まで26cm。

 2009年6月22日
ご無沙汰です。
ずっと田んぼの仕事は続いていましたがアップ出来ずにすみませんでした。
荒代掻きの後は植え代掻きと続き、16日から田植えとなりました。
田植えは早生品種の若水から始まり、レイホウ山田錦、ヒノヒカリと植えて行きました。
昨年は雨の中の田植えとなりましたが、今年は天気に恵まれ、汗をかきながら順調に植えて行きました。
田植え期間中、田染荘の津田さん、笠木酒店の元気君、リカーマート塩月の塩月君、丸田酒舗の晋ちゃん、の応援をいただき無事20日に終了しました。
皆さんお手伝いどうもありがとうございました。
20cmまで成長した若水の苗。完成です。 苗床から苗をはがします。 さあ!田植えスタートです。
オペレーター高弘君、頑張って!!
順調に進んで行っています。 うん!バッチリきれいに植わりました。 田染荘の津田さん登場!かなり慣れた手つきです。
笠木酒店、元気君登場!田植え初デビューです。
麦藁帽が似合ってます。
丸田酒舗の晋ちゃん。リカーマート塩月の塩月君登場!山田錦の苗を持ってハイチーズ! 田植え初デビュー晋ちゃん。
なかなかうまく植わってましたよ。
田植え2年目塩月君。 さすが2年目、真っすぐいってるじゃん。 ちょっと休憩。ハイチーズ!

 2009年6月5日
荒代掻きが始まりました。
田おこししていた田んぼに水を入れ、トラクターでドロドロに掻き回します。
だんだんと田植えの準備が忙しくなってきました。
水がたまりました。土の高い部分だけが島のように残っています。 トラクラーで気長にバシャバシャやっていきます。

 2009年6月1日
日に日に緑が濃くなっています。順調に苗も成長しています。
真っすぐ上に伸びた葉の横に、ちょろっと葉が出た状態1.5葉期です。
この時期から約2週間後に田植えです。
きれいな緑色になりました。
だんだん色が濃くなっていきます。
若水の苗。5cmまでに成長しています。

 2009年5月26日
シルバーシートを取りました。しっかり芽が出揃っていました。
すぐ水を入れ始め、苗箱スレスレまで水をため循環させます。
とりあえず元気な芽が出てほっとしています。
シルバーシートを取りました。うっすら緑色です。 土の中から元気に芽が出ていました。 水をたっぷり入れます。

 2009年5月23日
種まきが終了し、740枚床に並べて完了です。
3.4日して芽が出ますが、芽が出たらシルバーシートをはがします。
枚数が多いため、並べ終わったのは夜でした。
とても暑い1日でした。
1枚1枚手で置いて行きます。
苗箱の上に白のシートをかぶせます。 シルバーシートをかぶせて完了です。
740枚出来上がりました!!

 2009年5月21日
種まきをしました。
今日は、若水、山田錦、ヒノヒカリの種籾をみのる式のポット苗箱に入れて行きました。1日がかりで400枚出来上がりました。手動式種まき機なので結構時間がかかります。明日、残りのレイホウをします。
まず苗箱に土を入れます。 手で回して種を入れます。
しっかり種籾が入っています。 夕方400枚が出来上がりました。

 2009年5月19日
浸種、催芽の作業をしました。
元気の良い種籾を塩水で選別し良質のものだけを水につけます。
4.5日したら芽が出ます。
今年も山田錦、若水、レイホウ、ヒノヒカリを植えます。
浸種作業15度くらいの水につけます。 芽が出ました!!

 2009年5月13日
日中の最高気温が30度近くなる夏日が続いています。
湿度が少ない為、カラッといていて気温のわりには気持ち良く感じます。そんな暑さの中、苗床が出来上がりました。
種まき準備OKです。
4つの列を作りました。 トラクターで細かく砕きました。
田んぼが畑の様になりました。

 2009年5月7日
田んぼの仕事が始まりました。今期の米作りの始まりです。
酒造りの為、冬田んぼに入る事が出来ないので今回は農業公社に田おこしを依頼していました。
何枚かそのまま残っていたので、残りの田んぼの田おこしをしました。
種をまいたわけでもないのに、レンゲ畑になっていました。レンゲは肥料になるそうです。 レンゲの蜜を吸いに、ミツバチがやってきました。 さあ、今期も頑張るぞ!!





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved