トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


蔵のあるその土地の米と水で醸してこそ真の地酒。大分の穀倉地帯緒方にあって、自分たちで作った米で酒を造る。私たちはそれを実践して参ります。


 2008年10月21日
最後に刈ったレイホウの乾燥、籾摺りを終え、米が全て出来上がりました。
春田植えし、稲刈り、乾燥、籾摺り、これで米作りは一区切りつきました。
今日、運送屋を使って佐賀の精米所まで送り出しました。近くに精米所がない為、佐賀県まで持っていかなければなりません。昔はそれぞれの蔵で自家精米していましたが県内でも委託精米する所が増えています。理想を言えば自家精米ですが、いろんな面で大変です。佐賀の業者は信頼のおける業者なので、良い精米をしてくれます。今年もきっと、良い酒米として帰って来てくれるでしょう。
出来上がった米 乾燥、籾摺りをしてくれた五郡さん。
2台満載になりました。 いざ、精米所へ出発!!

 2008年10月21日
今日のレイホウの稲刈りで、全ての稲刈りが無事終了しました!!
今年の稲刈りは、地面がぬかるんだりと途中アクシデントがありましたが、コンバインの調子も良くスムーズに刈り取る事が出来ました。
昨年は米の硬い年でしたが、さて今年はどうなのでしょうか?
とにかく最高の米が収穫できたので大満足です。
さあ!次はいよいよ酒造り。気合を入れて頑張ろう!!
さあ!最後の稲刈りスタートです! 隣の田んぼは、かけ稲をしています。
太陽の光で自然に乾燥させるやり方です。
手間のかかる大変な作業です。
順調に進みきれいに刈り取りました。
これで全て終了!!
頑張った、高弘君と高山さん。
お疲れ様でした!!

 2008年10月25日
最後の品種「レイホウ」の稲刈りが始まりました。
晩生の品種の為一番最後になりました。
明日が雨模様なので、今日できるだけ刈り取りました。
あと2日ぐらいかかりますが、いよいよ大詰め頑張ります!!
鷹来屋の看板が目印です。

 2008年10月22日
山田錦の稲刈りをしました。3ヵ所田んぼがあり悪戦苦闘の末、無事終了しました。
山田錦はヒノヒカリなどと比べて穂が長いため刈るのに手間がかかります。ベッタリ倒れていなかったので、なんとかうまく刈ることができました。
山田錦の稲刈り、いざスタート!! 山田錦の稲姿。倒れずによく耐えてくれました。
オペレーター高山、順調です。 山田錦の穂先についた籾。
良く出来ています。
2枚目の田んぼスタート! すぐ側には川があります。
2枚目無事終了! 3枚目の田んぼに突入!ところがあまりにも田んぼがじるかったせいで、コンバインがはまり込み大変な事態でした。
結局、コンバインが行けない所は手刈りで刈りました。
このおかげで、通常の稲刈りの倍の時間がかかり夜7時、やっと終了しました。
なんといっても酒米の王様、山田錦!!
気合をいれて山田錦無事収穫しました!!

 2008年10月21日
若水を刈ってから少し間が開きましたが、稲刈りの再開です。
まずはヒノヒカリから。この日コンバインの調子が悪く昼からの刈り取りになりました。面積も小さかったのでなんとか夕方までに終わりました。
さあ、明日はいよいよ山田錦、がんばろう!!
さあ!はりきって行こう!!
コンバインオペレーター高弘君。
狭い田んぼなのでぐるっと一周すぐです。
隣の田んぼはきれいにワラを立てていました。

 2008年10月16日
黄金色に色づいた稲。しっかり実りました。
緒方平野はたった今稲刈りの最盛期をむかえます。
鷹来屋の稲刈りは20日過ぎから再開です。

 2008年10月4日
台風の影響で中断していた、若水の残りの田んぼの稲刈りをしました。今日は高弘くんがコンバインオペレーターです。
10時くらいから刈り始め、4時過ぎ無事終了しました。
柿の木がある田んぼです。
奥の田んぼも若水です。
高弘君、真剣なまなざしです。
高山さんクロ刈り中。
ザックリといきました。
若水、全て無事終了しました!!

 2008年9月29日
いよいよ稲刈りです!!まず一番最初は中早生品種の若水からです。
稲の出来は上々!!さあがんばって行きましょう!
コンバインオペレーターは高山です。三年目ですから順調に刈り取って行きました。
ついこの間、台風13号が通り過ぎたばかりなのに、またまた台風がやってきました。前回と全く同じ勢力と進み方です。夕方雨が降り出し、渋々途中で中止となりました。この時季、九州は台風から避けることはできませんが大きな被害がなく早く通り過ぎて行ってほしいものです。
さあ、稲刈りスタートです!! コンバイン袋に刈り取られた籾が溜まっていきます。
順調に刈り取りが進み最後の一列。 たくさん収穫できました。
刈り取った籾はすぐに水分を調整する為乾燥機にかけます。 乾燥機に投入します。

 2008年9月23日
「暑さ寒さも彼岸まで」という昔からの言葉がありますがその言葉通り、朝晩がだいぶ涼しくなりました。
今、田んぼの周りには彼岸花が満開です。秋の訪れを告げる花です。
田んぼのあぜに咲いています。 別名「マンジュシャゲ」とも言います。

 2008年9月19日
超ゆっくりペースだった台風13号が通り過ぎて行きました。
勢力が弱まっていたので、雨だけで風による被害はありませんでした。
おかげで稲達は被害もなくまっすぐ立っています。まずはほっとしています。
黄色く色づいた若水。大丈夫でした。
あと10日もすれば稲刈りです。
山田錦も無事です。

 2008年9月9日
80日目の若水。稲穂が垂れてきました。どんどん実が入ってきている証拠です。実も黄色く色づき始めました。 良く実っています。

 2008年8月30日
レイホウの穂が出ました!!
これで全て穂が出揃いました。
草刈が始まりました。一ヶ月前に刈った草がもう伸びています。
きれいにバッサリ行きました。 この田んぼの横には橋がかかっています。川は緒方川です。

 2008年8月28日
山田錦の穂が出ました!! 稲の花です。

 2008年8月24日
ヒノヒカリの穂が出ました!!

 2008年8月15日
60日目のヒノヒカリ、葉先まで90cm。レイホウ、82cm。山田錦、95cm。ほとんどの稲が今月中には穂を出すでしょう。

 2008年8月14日
    若水の穂が出ました!!
    昨年とほぼ一緒の時季です。

 2008年8月11日
若水の田んぼにスズメ対策の光るテープを張り巡らしました。若水は中早生で周りの田よりも早く実をつける為、集中的にスズメに狙われます。
キラキラ光っています。

 2008年8月5日
50日目の山田錦。葉先まで86cm。茎数は変わらず。 50日目のヒノヒカリ。葉先まで80cm。茎数は変わらず。

 2008年8月4日
50日目のレイホウ。葉先まで78cm。茎数前と変わらず。 50日目の若水。葉先まで79cm。茎数は変わらず。

 2008年7月29日
連日30度を超す猛暑が続いています。27日の日曜日にはなんと39度という全国一の最高気温を記録しました。
そんな中、田んぼの草刈が始まりました。今田んぼでは水を入れたり出したりと地面を干す作業が続いていますが米作りにとって重要なところです。
稲もこの暑さに耐えてしっかり成長しています。
きれいになりました。

 2008年7月25日
40日目の山田錦。葉先まで69cm、茎数35本に成長しています。 40日目のヒノヒカリ。葉先まで67cm、茎数40本に成長しています。

 2008年7月24日
40日目のレイホウ。葉先まで68cm、茎数40本に成長しています。 40日目の若水。葉先まで67cm、茎数38本に成長しています。
連日の猛暑で稲もどんどん成長しています。稲と稲の隙間がわからなくなるまでになりました。 稲の分決も最盛期を迎えたので、この頃から田んぼの水を落とし徐々に土壌を乾燥させていきます。地中に根をはらせて丈夫な稲を作っていきます。

 2008年7月15日
30日目の山田錦。葉先まで45cm、茎数30本まで成長しています。 30日目のヒノヒカリ。葉先まで44cm、茎数33本まで成長しています。

 2008年7月14日
30日目のレイホウ。葉先まで43cm、茎数38本に成長しています。 30日目の若水。葉先まで42cm、茎数30本に成長しています。

 2008年7月8日
20日目の山田錦。葉先まで42cm茎数13本になっています。 20日目のヒノヒカリ。葉先まで39cm茎数12本になっています。

 2008年7月7日
例年より10日以上早く梅雨が明けました。カラッとはしていますがさっそく真夏日です。今年の夏も暑くなりそうです。
20日目の若水。葉先まで36cm、
茎数10本になっています。
おたまじゃくしの大群発見!
気持ちよさそうに泳いでいます。

 2008年7月3日
レイホウを植えてから20日が過ぎました。青々と元気に育っています。 葉先まで39cmになりました。分決して茎数が14本になっています。とにかく勢いがいいです。扇子を広げたように扇形になっています。これがみのる式苗の特徴です。

 2008年6月19日
最後にヒノヒカリを植えて今年の田植えは終了しました。
4日間かかりましたが、途中雨にも見舞われ大変でしたが、無事、酒米を植えることができました。
この米に対する情熱が11月からの酒造りのパワーになるのです。
早い米で9月の下旬、後は10月中の稲刈りとなります。
りっぱな稲に育ってくれることを祈ります。

 2008年6月17日
山田錦を植えました。幸い雨はあがっておりカッパなしで田植えができました。
蒲江のリカーマート塩月の若大将、塩月くんが田植えの手伝いに来てくれました。
塩月君お疲れ様でした。
リカーマート塩月の塩月君。
田植えは初めてだそうです。
山田錦の苗。
やはり伸びが違います。
塩月君、手植えに挑戦!
真っすぐ植わってましたよ?
とりあえず終了!

 2008年6月16日
若水の田植えをしました。
今日も雨でしたが順調に進んでいきました。
若水を植えた田んぼの側には柿木があります。
秋にはたくさんの実をつけます。
田んぼに柿木、とても絵になります。

 2008年6月14日
どしゃ降りの中田植え続行!佐伯から日本酒大好き、入江さんが応援に駆けつけてくれました。入江さんお疲れ様でした。
きれいに植わりました。
まずは一枚終了!
今年も入江さん登場!! いくら機械植えでも完璧ではありません。抜けている所は手植えです。
後で結構足にきます。

 2008年6月13日
今日から田植えです。まず、レイホウから植えて行きます。3人で頑張ります!!
完成した苗。立派に出来上がっています。 箱苗を一枚一枚はがして行きます。 さあ田植えのスタートです。順調に進んでいます。

 2008年6月7日
苗がどんどん成長しています。
葉っぱが三枚になり一枚は大きく上に伸びています。
この時期から水を箱の下まで落とし管理します。
あと一週間後くらいで苗は完成です。

 2008年6月6日
田んぼに水を入れて荒代掻きが始まりました。
一週間後くらいに田植えが始まりますが、田植え前に植え代掻きといってトラクターでもう一度きれいに整地します。
荒代掻き終了です。トラクターでかき混ぜたことで茶色く濁っています。

 2008年5月31日
苗も順調に育っています。
日に日に黄緑色が濃くなっています。
苗姿。1.5葉期を迎えています。
(葉っぱが一枚と半分の形)

 2008年5月27日
シルバーシートをとりました。しっかり芽がでいました。まずは一安心です。
シルバーシートをはがし、
すぐ水を入れます。
元気のいい芽が出ていました。

 2008年5月24日
昨日からの種まきが雨の中無事終了しました。
約800枚の苗箱を並べました。
4,5日してシルバーシートをはがしますがしっかりと芽が出てくれる事を祈ります。

(右)苗床に苗箱を並べていっています。
苗箱の上に白いシートを置き全面をシルバーシートでおおいます。 2日がかりで完成しました。 雨の中3人で頑張りました。

 2008年5月22日
レイホウと若水の種まきをしました。
みのる式のポット状の苗箱に手動式種まき機で種籾を入れていきます。明日苗床に並べていきます。
ポット状の苗箱に土を入れます。 手動式種まき機で種籾を入れます。
2、3粒ずつ入っています。 360枚が出来上がりました。

 2008年5月21日
種籾の芽がでました。
今日一日陰干しして明日種まきします。

 2008年5月19日
昼から雨が降るというので慌てて田んぼの岸を焼きました。かなり高い岸で面積もあり、一瞬火事かと思わせる状況でした。草がぼうぼうで気になっていた所だったのできれいに焼けてほっとしています。

 2008年5月18日
苗床が出来上がりました。
今週末、整地した上に苗箱を並べていきます。
苗作りが始まります。

 2008年5月16日
塩水で良質の種籾だけを選別した後
発芽させる為水につけました。
4日間くらいこの状態を保ち芽を出します。
今年は山田錦、若水、レイホウ、ヒノヒカリを植えます。

 2008年5月7日
田んぼの草刈が始まりました。水を入れる前にあぜの草をきれいに刈り取ります。
田んぼ仕事の中で草刈はかなり大変な仕事です。
美田を作る為にみんな競うようにしてきれいにしていきます。
草刈前の田んぼ 草刈後、きれいな田んぼになりました。

 2008年4月25日
一回目の田おこしが一通り終了しました。作業中ふと田んぼのあぜを見るとかわいい花達が咲いていました。ぽかぽか陽気の中、心を和ませてくれます。田んぼのあぜの花達です。

 2008年4月15日
田んぼの田おこしが始まりました。
30アールの田を3時間かけておこしました。
田んぼにはレンゲが咲いています。 3時間後終了しました。
きれいに耕されました。





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved