トップページへ
新着情報
鷹来屋だより
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
鷹来屋スタッフブログ
お問合せ




『私は日本酒が好きです。』
アルコール飲料にもいろいろありますが、米を発酵させて出来た醸造酒である日本酒の毛細血管にまで染み渡るような心地良い酔いが大好きです。

 昭和39年4月、造り酒屋の長男として私は生まれました。
物心ついた頃には蔵に漂う清酒の香りとせわしく働く蔵人の姿が私の脳裏に焼きついていました。
 しかし、ちょうど私が15歳の冬(昭和54年)、母が病に倒れ、蔵は急遽製造をストップし17年間委託醸造で金鷹を醸してきました。その間蔵からたち上がる白煙をみることはありませんでした。

 家には醸造免許がある。漠然と学生生活を過ごしサラリーマンを3年間経験し平成2年家業を継いだ私の頭からはこのことがはなれることはありませんでした。

何とかして酒を造りたい、日々その思いは強まるばかりでした。まず、酒のイロハを学ぶため国税庁の醸造試験所へ行き、そこで学んだ理論をもとにいくつかの酒蔵で蔵人を体験し、7年目の平成9年1月自らが杜氏という立場で酒造りを始めました。
 手本となる師のいないまま自分の感覚のみでの初挑戦でした。
仕込みタンク5本(一升瓶4000本)が出来上がりました。




酒造りに対する熱い気持ちがあるから出来るのです。
流行にとらわれず自分で旨いと思う酒を造る。
自分が納得するまでこだわりを持って酒を造る。
妥協しない。それが私の酒造りです。
「甘・酸・辛・苦・渋」「甘味・酸味・辛味・苦味・渋味」 この五味がバランスよく調和して酒の味をつくりだします。私が理想とするキレがあって旨みのある酒。旨すぎてもダメです。料理を引き立てることの出来る食中酒でなければならないと私は考えます。
『美酒探究』を永遠のテーマとして美味しく安心して飲んでいただける酒造りに努力します。



完全手造りにより1タンクごと心を込めて造っています。蔵元から商品として旅立つ日まで全て私の管理の下でチェックしていきます。酒はデリケートです。
愛情込めて出来上がった酒は日々変化していきます。製品となった1本々に私の気持ちが詰まっています。



日本酒の原料は日本人の主食であるお米です。そのお米を発酵させて出来上がったものが日本酒です。田園地帯である恵まれたこの地で自ら農家宣言をし、米作りも行っています。
「原料からこだわって酒を造る」
農業を通して酒造りを極めて行きたいと思います。




目・鼻・手・耳・口 手造りならではの5感
目で見て鼻でにおいをかいで手でさわって耳で音を聞いて口に入れて味をみる。
このすべての感覚を研すまし手造りならではの酒が出来上がります。
手造りでしか出せない味があると私は信じています。
蒸しは昔ながらの木の甑で蒸し、放冷は全て布に打ち上げ自然放冷です。室は籾殻室で麹はすべて箱麹です。仕込みは500キロ〜1200キロまでの仕込み量で竹の櫂棒でまぜます。
しぼりは普通酒から全量槽でしぼります。

鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved