トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


平成22年 4月〜10月


 2010年10月25日
24日の日に大分市畑中の丸田酒舗さんの「秋の旨酒を飲む会」にゲストとして参加してきました。
朝からあいにくの雨でしたが、スタッフの皆さんのおかげで大雨が降っても大丈夫なように、すばらしい会場が出来上がっていました。
気持ちが届いたのか会が始まる前から雨は止み、最高の状態で酒の会が出来ました。
この会も年々盛り上がりを見せ、今回も大勢の方々で賑わいました。
日本酒好きの方も段々と増え、いろんな方とお話が出来とても有意義な会でした。
いつもながら丸田酒舗の皆さん、会場の設営に頑張っていただきました皆さん、会にご参加いただきました皆さん本当に有難うございまいた。
皆さんのおかげで今期も気合を入れて酒造りに臨むことが出来ます。
春またこの場所でお会い出来るのを楽しみにしています。
丸田酒舗駐車場内特設会場。大雨が降っても大丈夫です。 いつも裏方、町内会の上田さんと秦さん。いつもありがとうございます。 こんな感じで盛り上がっています。お楽しみ抽選会もありました。
燗酒はこのように豪快に一升瓶で。これがうまいんです。 丸田さんファミリー。
かわいい「そあら」ちゃんが加わりました。
最後に記念撮影雨が止んで好かったです。

 2010年10月6日
福岡県行橋市の「うらの酒店」の店長、晋介君ご夫妻がいらっしゃいました。
新婚ホヤホヤで、晋介君、はるさんは10年の年月を経てめでたくゴールインされました。本当にお似合いの素敵なカップルです。晋介君、はるさんおめでとうございます。今後共どうぞ宜しくお願い致します。
とても素敵なお二人です。 山田錦の田んぼを見てもらいました。

 2010年10月4日
東京から雑誌関係のお仕事をされている方が2人いらっしゃいました。
黄金色に色づいた田んぼを見てもらい、緒方の絵になるポイントをいくつかご案内して、隣町「竹田」の湧水、岡城などにも足を延ばしました。
限られた時間でしたので多くはご案内できませんでしたが、絶好のドライブ日和で、コスモスが咲き、すすきの穂がなびく奥豊後の秋を少し感じていただけたのではないでしょうか。
遠藤さん、山元さん、遠い所どうも有難うございました。
右「遠藤さん」、左「山元さん」 「原尻の滝」 
残念ながら水が一番少ない時で、ダイナミックな滝をご覧いただくことができませんでした。
「岡城」
岡藩七万石の城跡です。滝廉太郎作曲の「荒城の月」のモチーフになった城跡です。
遠く阿蘇山まで見渡すことができます。

 2010年10月1日
9月30日リカーマート塩月様の酒の会「酒輪の会」が佐伯市の炭焼処「八」さんで行われ、ゲストとして参加してきました。
佐伯市はずっとご縁のある町で、たくさんの日本酒ファンの方々と楽しい一時を過ごすことが出来ました。塩月君、八さん、参加された皆様どうもありがとうございました。今後共どうぞ宜しくお願い致します。
会場の佐伯市炭焼処「八」さん 会の主催者塩月君
会の様子 最後に記念撮影

 2010年9月27日
26日、渋谷シダックスホールにて「味ノマチダヤ」様の酒の会「旬味2」に参加してきました。
業務店様主体のきき酒会で、200名以上のお客様で大いに賑わいました。夕方6時開催という少し遅めの始まりでしたが、皆さん熱心にきき酒され、いろんなお話が出来、大変有意義な会でした。
マチダヤの皆様、会に来ていただきましたお客様、どうも有難うございました。今後共どうぞ宜しくお願い致します。
28蔵の蔵元と200名のお客様で大いに賑わいました。 鷹来屋ブース
ひやおろしがメインの会でした。

 2010年9月20日
東京中央区月島の、古酒&焼酎ダイニング「だけん」の増田店長と井上さんが熊本に行く途中にお立ち寄りになりました。
店長が熊本出身ということで、九州にこだわった料理を出されているそうです。
日本酒は5銘柄ぐらいしか置いていないそうですが、その中の1銘柄に鷹来屋が入っているそうです。どうもありがとうございます。
蔵を見学してもらった後、東洋のナイアガラ「原尻の滝」をご案内してお別れしました。
増田さん、井上さんわざわざお立ち寄りいただきましてどうも有難うございました。今後共宜しくお願い致します。
「だけん」の増田店長(女性の方)と井上シェフ。
2人共とても素敵でした。

 2010年9月8日
田染荘の津田さんがコーディネーターで、2ヶ月に1回別府で行われている酒の会に参加して来ました。この会に参加するのは3年目となりますが、少しずつメンバーも変わり着実に進化していっているようです。
場所はラクテンチ下の割烹「小菊」という小さな料理やさんで行われました。
小菊さんは小さなお店ですが、一品一品心がこもっており、とてもおいしい料理ばかりでした。
小菊さんのお料理と鷹来屋の酒で、大変充実した楽しい一時でした。
小菊の皆様、津田さん、参加された皆様どうもありがとうございました。
割烹「小菊」の入り口 小菊の看板 酒は全て鷹来屋で楽しんでいただけました。

 2010年9月5日
家族と従業員とで湯布院の御宿「なか屋」という旅館に1泊どまりで行って来ました。
湯布院の地酒の店「はかり屋」さんのご紹介で、鷹来屋の酒も扱っていただいているという事ですので、挨拶方々行って来ました。
宿は湯布院のメインストリートのど真ん中にあり、湯布院というと1泊2万円を超す、高級というイメージがありますが、この「なか屋」さんは、なんと1泊1万3,800円、しかも週末も同じ料金という何ともリーズナブルな宿なんです。
この料金だから料理はそこそこだろうと思うのが普通ですが、ところが京都で修行されたご主人の作る料理がまた絶品なんです。出てくる料理全てが美味しく、愛情たっぷりで、次から次へと食べきれない程出てくる料理に大満足でした。
次の日は、湯布院を散策して帰途、湧水めぐりをして緒方へ帰りました。
なか屋の大将、女将さん、はかり屋の店長、角打屋の奥さんどうもありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
湯布院のど真ん中、金鱗湖の近くに御宿「なか屋」はあります。 全ての部屋の窓からは、由布岳が良く見えます。
椅子スタイルの宴会場で、広々していてとてもリラックスできました。 玄関前で記念撮影

 2010年8月29日
北九州、小倉の力丸酒店様のご協力で、旨い魚と旬菜料理「ふくとく」さんで鷹来屋を飲む会が行われ、ゲストとして参加してきました。
ふくとくさんのおいしいお料理と鷹来屋とで大いに盛り上がりました。
力丸酒店の社長様、スタッフの皆様、ふくとくの皆様、小倉の佐藤さん大変お世話になりました。どうもありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
ふくとくの入り口 みんな楽しく飲んでいます。
ふくとくの大将と息子さん 最後に記念撮影

 2010年8月20日
17日〜19日まで、東京お台場の東京ビックサイトで居酒屋産業展が開催されました。
お取引のある味ノマチダヤ様がこの会に出店され、中日の18日にスタッフとして参加しました。
期間中35,000人の来場者があったそうで、大変賑わいました。
マチダヤの社長様、印丸様、スタッフの皆様大変お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。
マチダヤブースです。
黒でまとめた素敵なブースでした。
リキュール、オリギナル清酒がずらりと並んでいます。 マチダヤの印丸さんとツーショット。

 2010年7月21日
20日の日に田染荘主催の酒の会が、田染荘の地元の豊後高田市の活魚ろばた「聖」で行われ、ゲストとして行ってきました。
店は新しく変わりましたが、「聖」さんには10年ぶりの訪問で大変懐かしく、感慨深いものがありました。
高田中央病院の院長先生のお世話で、たくさんの方々と楽しくお酒を飲む事ができました。
聖の大将、おいしい料理をどうもありがとうございました。
津田さん、中川さん大変お疲れ様でした。どうもありがとうございました。
日本酒リスト。全て鷹来屋です。
聖の店内 右端の津田さんの隣は居酒屋どんたくの大将です。わざわざ中津からありがとうございました。
高田中央病院の院長先生。今回はどうもありがとうございました。 最後にみんなで記念撮影。やはり皆さんいい顔してますね。

 2010年7月5日
4日の日曜日に福岡の住吉酒販さんの酒の会がホテルニューオータニ博多で行われ参加してきました。
全国から27社の清酒蔵が集まり、その内、九州内の酒蔵が17社と、地元の蔵を応援するという庄島社長の心意気を感じる構成となっています。
会場には、500人程のお客様で溢れかえり、大盛況で熱気ムンムンでした。
会のタイトルは「酒に笑う人生第二幕」
昨年家業を継がれた健泰君の若い発想で、いろんな部分でセンスが光っていました。生のDJを取り入れたり、つまみを外注でこだわったりと新たな酒の会の雰囲気となりました。お客様も若い女性の方が多く、福岡の日本酒に対するパワーを感じました。
住吉酒販の社長様をはじめ、ご家族の皆様、スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。どうもありがとうございました。
会のタイトル
「酒に笑う人生第二幕」
ホテルニューオータニ博多3階の会場です。会に夢中で終わり前の画像です。この会場がぎっしり満員状態でした。
500人は凄いです。
鷹来屋ブースにて。
今回5種類の酒を用意しました。燗酒は出しませんでした。応援いただいた福岡の佐藤さんとツーショット。佐藤さんどうもありがとうございました。

 2010年4月28日
佐伯市上浦の池田酒店様の酒の会にゲストとして行ってきました。
会場は佐伯市内の旬彩「まるた」さんでした。
37名の日本酒好きの方々と「まるた」のお料理を食べながら楽しい一時を過ごしました。
この会も年々パワーアップしている様で、改めて佐伯恐るべし!!です。
池田さん、会場を提供していただいたまるたさん、どうもありがとうございました。大変お疲れ様でした。
会場の旬彩「まるた」さん 池田さん作成の酒の会のポスター
いい感じで37名入りきりました。 半分はテーブルスタイルです。これはすばらしい。
最後に集合写真。37名勢揃い。
持ち込んだ酒全て空になりました。恐るべし!!
3次会会場「ソーアゲ」。
このころには記憶が?
ソーアゲのママさん、池田さん、小山ファミリーです。ナイスブラザースでした。小山パパも素敵です!

 2010年4月18日
熊本国税局管内で造られた清酒と本格焼酎の酒類鑑評会の表彰式が熊本で行われ行ってきました。
おかげさまで昨年に引き続き優等賞をもらうことができました。
さらに今回は製造者代表として壇上で代表で賞状を受け取りました。
これもひとえに、鷹来屋をご支持いただいております皆様方のおかげと感謝いたします。この賞に甘んじることなく、これからもさらに酒質に研きをかけて参りたいと存じます。
壇上で表彰を受ける自分 これが賞状です。製造者代表は初めてでした。 熊本といえば熊本城です。国税局のすぐ隣に熊本城があります。表彰式の後は酒の一般公開です。国税局の会場できき酒をして勉強します。
各蔵の出品酒がずらりと並んでいます。 きき酒をして味を確認します。 優等賞にはプレートがかけられます。

 2010年4月19日
酒の搾りが終わった矢先、大分市、畑中の丸田酒舗様恒例の「春の旨酒を飲む〜」会にゲストとして参加してきました。
30名を超えるお客様と一緒に、皆さんが作った手作りつまみと日本酒で楽しい一時を過ごしました。
丸田酒舗の皆様、スタッフの皆様大変お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。
またまたマンモスのお出迎えです。 丸田酒舗の駐車場にテントを張っての特設会場です。日ごろの行いのいい人が多く、雨の心配もなく最高の状態でした。開放感バッチリでワイワイ盛り上がっています。
参加された皆さんが持参した手作りつまみの数々 最後に恒例の記念撮影。やっぱりみんないい顔してますね。





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved