トップページへ
新着情報
会社概要・蔵元紹介
蔵元よりメッセージ
鷹来屋の酒
鷹来屋の梅酒
鷹来屋の酒造り
米作り
蔵元便り
鷹来屋小売部
茶房ささら
リンク
お問合せ


平成21年4月20日〜10月31日


 2009年10月31日
山本洋子さんが出版された「純米酒BOOK」(グラフ社発行)に鷹来屋が掲載されました。
山本洋子さんは「素食」や「マクロビオティック」などをテーマにした雑誌編集者を経て、現在は米の酒と食の研究家、および地域食ブランドのアドバイザーとして全国行脚中でございます。
「感動と勇気を与える地方のお宝探し」がライフワークだそうです。
全国の書店で発売されます。どうぞ機会があればご一読下さい。

 2009年10月22日
10月20日行橋市のうらの酒店様の日本酒を楽しむ会にゲストとして参加してきました。場所は中津市のすし処「永しん」さんで行われました。
酒は全て鷹来屋で、純米酒フルラインナップを飲んでいただきました。
行橋からのお客様と地元中津のお客様合わせて20名の方と、「永しん」さんのお料理と鷹来屋をそれぞれ合わせながら楽しく飲みました。
鷹来屋の酒は燗でまた威力を発揮しますが、温度帯で微妙に味わいが変わることにびっくりしました。辛口特純の燗酒もかなりいけますね。
浦野さん、永しんの皆様どうもありがとうございました。鷹来屋をどうぞ宜しくお願い致します。大変お疲れ様でした。
開催場所
中津市すし処「永しん」
今回、浦野さんが持ち込んで下さったお酒です。
純米酒フルラインナップ!!終わり頃にはほとんどなくなりました。恐るべし。
今回の酒の種類と料理のお品書き
「永しん」さんのお料理。ほとんどが豊前海の海の幸の料理でとてもおいしかったです。 浦野ファミリーと永しんの大将と記念撮影 最後に記念撮影。やはり皆さんいい顔されてます。右端に「どんたく」さんがいらっしゃいます。

 2009年10月19日
10月18日丸田酒舗様の「秋の旨酒を飲む会」にゲストとして参加してきました。この会は、春と秋の年2回開催されますが、屋外にテントを張りつまみは各自持ち込みの手作りの会です。
今回は23名の参加があり、皆さん日本酒好きの方達ばかりでとても有意義な一時でした。新商品の山廃、雄町の酒も大好評で、発売前に自信となりました。
丸田酒舗の皆様、スタッフの皆様、参加された皆様どうもありがとうございました。お疲れ様でした。また春お会いできるのを楽しみにしています。
恒例となりました「秋の旨酒を飲む会」 びっくりしました。会場ではマンモスが出迎えです。 つまみは各自持ち寄りの手作り品です。どれもおいしかったです。
会場はこういう感じです。皆さん楽しそうに飲んでいます。 丸田ファミリーと記念撮影 最後に集合写真。お酒のせいかみんな朗らかでいい顔していますね。

 2009年10月18日
昨日、大阪の地酒専門店「川崎屋」の山田専務がいらっしゃいました。
大阪からフェリーで九州入りし、鹿児島へ行く途中立ち寄っていただきました。
川崎屋さんでは、鷹来屋の特別純米酒を売っていただいております。
山田専務とは同年代で、酒類業界の現状などいろいろとお話を伺いました。
わざわざお立ち寄りいただきありがとうございました。

 2009年10月16日
10月15日、酒造組合において秋季きき酒研究会が行われ、参加してきました。
この会は、各蔵が市販の清酒を持ち寄り、一般の方にも数名入っていただきみんなできき酒をし、味のチェック、ラベルのチェックなどをする会です。
いろんな蔵の酒をきき比べ出来、自分の酒の位置づけが確認できる大変すばらしい会です。これから清酒の需要期に向けてどの酒も大変美味しくすばらしいものばかりでした。皆様一日大変お疲れ様でした。
白衣の男性陣の中に着物姿の方が!雪野さんお疲れ様でした。とってもお似合いでしたよ。 一般消費者審査員?実は業界3人組。松田さん、丸さん、塩月君お疲れ様でした。 こちらのテーブルの白衣の集団は酒関係の先生方です。

 2009年10月6日
10月4日第29回横須賀の掛田商店様の酒の会「粋楽会」に参加してきました。49蔵の酒が一同に横須賀に集結しました。
一般のお客様、業務店様合わせて250名近くのご来場があり2時間の限られた時間に大いに盛り上がりました。熱心な日本酒ファンの方々とお話ができ、とても有意義な一時でした。
懇親会は会場近くの「住よし」というお料理屋で行われ、畳の間という事もあり腰をすえてゆっくり蔵元と酒談義で盛り上がりました。
社長様、薫様、スタッフの皆様大変お世話になりました。お疲れ様でした。
第29回 粋楽会 参加蔵元リスト 鷹来屋ブース
熱心な日本酒ファンで賑わっています。 懇親会場 横須賀「住よし」  中央、掛田社長
右、風と光の城月さん
中央、掛田 薫さん
右、磐城壽の鈴木君
澤姫の井上君  
やさしい生モト仕込みおいしかったです。

 2009年9月29日
9月27日(日)第24回味ノマチダヤ様の試飲会に参加してきました。
会場は目黒区のこまばエミナースで行われ、26蔵の清酒蔵と3蔵の食品メーカーが一同に集結しました。
今年のテーマは「旬味」です。ハウス栽培、輸入物など食材に旬がなくなった現在、もう一度酒造業界から「旬を見直そう!!」という問いかけです。
「ひやおろし」という形で残暑の厳しい9月初めから発売するこの業界に日本酒の日の10月1日から発売しょうよという提案です。これでいいのかな「ひやおろし?」と問いかけたのがマチダヤです。
鷹来屋は元々10月1日以降の発売で行ってましたので、全く抵抗はありませんでしたが、寒さを感じる10月頃からの酒がやはり「ひやおろし」と思います。
「ひやおろし」=「適熟の始まり」との考え方で、「今年の新酒も味が乗ってきたよ」との合図が「ひやおろし」と私も考えます。
よって今年も鷹来屋は10月1日から「ひやおろし」解禁です。
酒の会は300名ほどの熱心な業務店様であふれ、熱気ムンムンで賑やかに開催されました
会に集中しすぎて賑わっている写真を撮るのわすれました。参加者リストです。 会終了後の一枚。向かって左、佐賀「万齢」の小松君、右、福島「会津娘」の高橋君。
懇親会会場 新宿3丁目「呑者家」 マチダヤスタッフの矢野君とソガ君

 2009年9月19日
(イベントのお知らせ)

「大分お酒アカデミー2009」が10月1日、大分全日空ホテルオアシスタワーで開催されます。
第1部は、ソムリエ小川貞夫氏によるお酒の教養講座で、お酒を楽しくオシャレに学びます。
第2部は、世界ランキング7位のペアのダンスを、お酒と共に楽しんでいただきます。
全日空ホテルの料理と蔵元自慢の酒とで贅沢なメニューとなっています。
チケットも残りわずかとなりました。ぜひお早めにお買い求め下さい。
チケットのお問合せは、お酒アカデミー事務局まで
TEL:097-537-2425

詳しい内容は大分県酒造組合のHPのちらし(PDF)をご覧下さい。

 2009年9月17日
9月15日第31回九州清酒協議会通常総会が長崎県の全日空ホテルグランバーヒルで行なわれ、参加してきました。
受付を済ませ、総会前にきき酒をします。総会では、前年度の会計報告と各県の活動報告を発表します。
講演は「龍馬と長崎県」というタイトルで、長崎龍馬の会の工藤さんに長崎での龍馬について楽しく勉強になるお話しを聞かせていただきました。
夜は各県の方との交流会で、長崎の卓袱料理と日本酒で楽しい一時を過ごしました。長崎県の蔵元の皆様大変お世話になりました。
来年は大分開催です。皆さんどうぞ宜しくお願いします。
長崎と言えばグラバー園、教会などいろいろ観光名所がありますが、この路面電車も長崎らしい一つです。 6種類の酒を嗜好順位制できき酒します。上位入賞者には豪華景品がある為、みんな真剣です。 大勢の参加があり有意義な総会でした。

 2009年9月11日
9月9日〜10日大分県酒造組合豊友会のメンバーと鹿児島へ研修旅行に行ってきました。1日目は芋焼蔵の「晴耕雨読」という銘柄で有名な佐多宗二商店へ、2日目はくろずで有名な坂元醸造の見学をしました。
私は清酒蔵ですが今回焼酎蔵、酢屋から多くの事を学びました。出発前の大分は秋の風が吹いていましたが、さすが南国鹿児島はまだまだ残暑が続いていました。
暑い2日間でしたが、研修も熱い2日間でした。
佐多宗二商店の応接室。
古い時の写真がたくさん飾ってありました。
一次仕込みの甕。
元気の良い酵母を育てます。
二次仕込み蔵。きれい過ぎてびっくりしました。
壁に絵があったら立派な美術館です。
仕込み蔵の下。大きなタンクがびっしり。下もピカピカきれいでした。 この盛り土の中に貯蔵甕が眠っています。 工場長の矢部さん。
笑顔に癒されます。
玄関にて豊友会のメンバーと記念撮影 薩摩半島南端、開聞岳 宿泊先は指宿「白水館」
目の前が海でとてもすばらしい処でした。
坂元くろずのたくさんの甕
テレビではよく見ますが、現地はさすが甕だらけでびっくりしました。
火山灰で真っ白でした。酢を飲んで健康になりました。

 2009年8月22日
九州清酒協議会による第2回「純米酒研究会」が、21日大分県酒造組合で開催されました。
福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、大分から蔵元が集まりそれぞれ持ち寄った純米酒と東京で売れ筋の12点を加え、計49点をきき酒しました。
この会は昨年から始まり、いろんな蔵元の酒をきく事ができ、人気銘柄酒との比較もでき大変すばらしい会です。
きき酒の後はディスカッションで、みんな真剣に勉強しました。
懇親会は都町の「ん」で行われ、有意義な一日でした。
全て市販純米酒です。49点きき酒しました。 佐賀「万齢」の小松君の司会進行で、熱く語り合いました。

 2009年7月30日
貯蔵出荷管理指導及び火落ち菌検査が大分市の酒造組合で行われました。
春出来上がった酒は火入れ殺菌されタンクに貯蔵されていますが、梅雨明けのこの時季にタンクから酒を抜き出し、異常がないかをチェックします。
タンクごとわずかではありますが、それぞれ熟成具合が違うのです。その熟成具合を見ながら出荷順位を決めていきます。
鷹来屋の酒はほとんどが製品瓶貯蔵の為、このチェックはタンク貯蔵の普通酒の3本のみとなっています。
これから暑い夏を越し、秋にかけて一段と熟成が進み、角がとれたおいしい日本酒へと変化していきます。
日本酒は四季を通していろんな味わいを楽しむことができるのです。
酒の熟成具合をチェックしています。 それぞれタンクごと300mlの瓶に酒を抜き出します。

 2009年7月29日
千葉県市原市の地酒専門店「新風堂」の酒担当板谷怜太君がいらっしゃいました。
怜太君は日本酒が大変好きな方で、鷹来屋を大変気に入って下さり頑張って販売してくれています。
遠いところわざわざありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
新風堂の板谷君
緒方町の観光名所「原尻の滝」にご案内しました。
東洋のナイアガラ「原尻の滝」
高さ20m 幅120mの馬蹄形の滝です。
平野のど真ん中に突如滝が現れます。
梅雨時季、水量が多い為見ごたえがあります。
まだ見たことのない方はぜひお越し下さい。鷹来屋から数分の所です。

 2009年7月2日
6月30日にリカーマート塩月様の記念すべき第一回目の日本酒の会「酒輪の会」が、佐伯市の炭焼き処「八」さんで行われました。
塩月君の店は佐伯から30分くらい南に行った蒲江という所にあります。
会には蒲江からと佐伯から20名の日本酒好きの方がいらっしゃいました。
「八」のおいしい料理と鷹来屋とでワイワイ楽しく飲みました。
塩月君、真由美さん大変お世話になりました。お疲れ様でした。
参加された皆様どうもありがとうございました。
記念すべき第一回目の塩月君手製のポスター。バックにぶんじを利用した素敵なポスターです。 会場の炭焼き処「八」
主催者のリカーマート塩月の塩月昇吾君と奥様の真由美さん 「八」の大将、吉田さん
ワイワイ飲んでます。 最後に記念撮影。ハイチーズ!
自身のブログで佐伯のうまいもん処を連載している記者Yさん(右) 蒲江の菓子職人、正栄堂のケンちゃん

 2009年6月7日
佐伯市上浦の池田酒店様主催「鷹来屋を飲む会」が佐伯市の鮨割烹「第三金波」さんで行われました。
30名の参加で、時間を忘れ楽しく飲みました。
終わる頃には一升瓶10本がほとんどなくなっていました。
今回も飲みました!!あらためて、佐伯恐るべし!!
池田さん大変お世話になりました。お疲れ様でした。
みんな日本酒大好き、料理と共に酒が進みます。 10本ほとんど飲み干しました。
会場の第三金波さん 最後に記念撮影。
皆さんまだまだ余裕の表情です。

 2009年5月17日
福岡の住吉酒販様主催の酒の会に行ってきました。
前日から高熱が出て(豚インフルではありません)一時はどうなる事かと心配しましたが、気合でどうにか頑張りました。反省会等はキャンセルで会が終わり次第トンボ帰りでした。夜また39度の熱が出てふたたび病院へ行く事になりました。
住吉酒販の社長様、スタッフの皆様大変お世話になりました。お疲れ様でした。
デジカメを忘れてしまったので、資料のみのアップとなりました。残念!!
第一回 住吉酒販の酒の会 
テーマ「酒に笑う人生」
参加蔵元リスト
20蔵の内15蔵が九州です。20年ぶり復活の小松君も参加しました。

 2009年4月24日
4台目の冷蔵コンテナを設置しました。
鷹来屋の商品は全て瓶囲いの為、冷蔵保存が必要とされます。
より品質の高いものへのこだわりから、新酒時1回だけのろ過と瓶詰め時の火入れのみを徹底しています。
電気代等のかなりの経費がかかりますが、これも鷹来屋のこだわりなのです。
気温の高くなる夏までにコンテナが1台増えてまずは一安心です。
台車で運ばれてきたコンテナをクレーンで吊り降ろします。 設置完了!40フィートの長いやつです。 コンテナの中です。

 2009年4月23日
先日、NHKの夕方の番組大分ホットニュースで鷹来屋の酒造りが放送されました。
冬の造りから搾りと何度も足を運んでいただき熱心に取材して下さいました。
私の熱い思いを映像の中で的確に表現していただきどうもありがとうございました。
「鷹来屋の酒は心で醸す」の言葉通り、さらにパワーアップし熱く頑張って参りたいと思います。
※ 最後にNHKアナウンサー他スタッフの方々と記念撮影

 2009年4月20日
造りが終われば小売店主催の酒の会などに声がかかります。
造りが終わった矢先にさっそく丸田酒舗の酒の会に呼ばれて行きました。
約20名の方々と楽しく鷹来屋の新酒を飲む事が出来ました。
準備いただいたスタッフの方々、丸田ファミリーの皆様大変お疲れ様でした。どうもありがとうございました。
店長直筆の看板(熱いです!!) 参加したみんなのスナップです。
丸田ファミリー
最後に全員でハイチーズ!





鷹来屋 浜嶋酒造合資会社

Copyright(C) 2007 Hamashima Shuzo All Right Reserved